市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

十勝地方の最大都市、帯広に辿り着きました。
この街では、私は結構、温泉に期待して来たんですよね。
市街地に湧く温泉では、神戸、甲府と共に泉質ええんですよ。
あ、あと北海道では函館もええですね。
その中でもこちらの銭湯をチョイス、「天然温泉 アサヒ湯」です。

市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

最近建て替えられたのか?非常に綺麗な銭湯です。
入浴料も銭湯値段の大人440円。

スポンサードリンク

浴槽はご覧の小さな内湯のみ。
市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

奥は水風呂です。

なぜなら、この入浴料でサウナまでついてます。
市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

小さい浴場ですけど、こりゃお得感があるわ。

あ、そんで温泉浴槽に話を戻します。
市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

大きさ的には大人4人も入ればいっぱいか。
色は茶褐色の紅茶のような色合いをしておりますね。
天然のモール泉です。

では、浸かってみます。
市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

温度は41度ぐらいで適温、そしてアルカリのヌルヌル感も素晴らしい。
そしてびっくりしたのは、体中に泡がみっしりと細かく付いてくる。
この温度で炭酸泡が溶け込まずに存在するのは、それだけ新鮮ってことだな。

では、浸かってみた感では素晴らしい泉質を分析してみましょう。
市街地でこの極上泉質が440円で堪能できるとは・・・「天然温泉 アサヒ湯」(北海道帯広)

源泉温度40.2度、PH値8.6のアルカリ性単純温泉。
成分総計は505mg/kgと少ないのは意外でした。
泡付きを感じたように、炭酸水素イオンが234.8と半分近くは占めてますけどね。
この泉質を劣化させることなく、浴槽内から投入してます。
100%源泉かけ流し。
なので炭酸泡をそのまま維持できてるんやな。

アルカリのヌルヌル感と、そして炭酸の泡付き。
私は泉質的に好みの2要素が素晴らしかったので、絶賛できる銭湯です。
そして泉質のよさは、その成分濃度によるものではないんだなと勉強になりました。
源泉の扱い方が非常に上手な銭湯です。

各25点満点
かけ流し度 :25点
施設充実度 :14点
お値打ち度 :24点
風情・快適度:21点
総合評価  :84点 評価Bランク
(総合評価のみ100点満点)

「北海道」私が行った温泉・私的評価ランキング
住所:北海道帯広市東3条南14丁目19
電話:0155-24-1933
営業時間:13:00~23:00(最終入場22:30)・日曜のみ朝湯も営業6:00~10:00
定休日:元旦
入浴料:大人440円、子供140円、幼児70円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。