代々小大名であったためのこの城郭風?湯村温泉「朝野家」(兵庫新温泉町)ニセ城シリーズ

兵庫県の北部に、「湯村温泉」という温泉地があります。
そして、国道9号線を走っていると、その温泉街に一際目立つホテルを見かけます。

代々小大名であったためのこの城郭風?湯村温泉「朝野家」(兵庫新温泉町)ニセ城シリーズ

巨大なホテルなんですけど、城郭風に造られているんです。
今回、城に似せた建築物をニセ城と称して、色々巡っているわたくしめ(^^)
ちょっと近寄ってみましょうか。
湯村温泉「朝野家」です。

スポンサードリンク

ここ湯村温泉では、「井づつや」と並んで、大規模ホテルとして有名。
日帰り入浴できるんかなと調べてはみましたが、
湯村温泉の宿泊者のみが買える「湯めぐり札」を利用すると可能みたい。

下から見上げます。
代々小大名であったためのこの城郭風?湯村温泉「朝野家」(兵庫新温泉町)ニセ城シリーズ

なぜこのような形にしたかは、当主が元々小大名の末裔にあたるのだとか。

横からも撮ってみます。
代々小大名であったためのこの城郭風?湯村温泉「朝野家」(兵庫新温泉町)ニセ城シリーズ

城に宿泊できる気分になれそう(^^)
ちなみに極々平均的な1泊2食プランで2名1室15000~20000円程度の宿です。

以上、小ネタのニセ城シリーズでした♪

住所:兵庫県美方郡新温泉町湯1269
電話:0796-92-1000

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。