道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

新潟県十日町市にある道の駅「クロス10」に到着しました。
本日はここを車中泊地といたします。
そしてその選択を決定したのは、道の駅併設で温浴施設があったから。
この日は雨模様でほとんど行動でけへんかったんですけど、
風呂は1日1回必ず入りたいですからね。
というわけで、十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯を利用いたします。

道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

越後妻有交流館という施設内にある日帰り入浴施設です。
入浴料は大人600円と都心にあるスーパー銭湯タイプにしては少しお安い。

スポンサードリンク

館内、そんな広いスペースではありません。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

食事&休憩処でもご覧の通り、満杯です。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

交流館の中の一角ですからね。
なので、この日は日曜やったのもあり、混雑感が半端なかった。

浴場の構成は以下の通り。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

続き。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

こちらも広くないですね。
男女日替わりで浴場は変わるみたい。
この日の男湯は、「ちぢみ ドライサウナ」でした。
もう1つの浴場も構成は一緒みたいですが、スチームサウナになるそう。

その浴場雰囲気。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

大浴場に、薬草湯、水風呂という構成。
大浴場は温泉(分析表はなかった)みたいですけど、ほぼ浴感0です。

では、いつものように泉質表。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

源泉温度23.6度、PH値は不明。
メタケイ酸の値で温泉に該当するとあり、その成分はほとんどありません。
4つ上に掲載した写真の説明文を読むと、源泉に薬剤を投入し、
アルカリ性の単純温泉にしているみたい。
そして、加水、加温、循環ろ過、塩素消毒ありの加工ですから、
天然温泉とはほぼ言えないでしょう。
ただし、水風呂は天然温泉です。
加水は水位調節、温度調節で、そして加温、循環ろ過、塩素消毒あり。
源泉温度はがかなり低いんで、こうなってるみたい。

こちらの施設の特徴はこれですね。
道の駅併設の仮眠室もあるスーパー銭湯「十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」(新潟十日町)

なんと!男女別の仮眠室があるんですよ。
この規模、この入浴料の温浴施設には珍しいです。
ちょうど、道の駅併設ですから、車の運転疲れに利用するのはありがたい。
しかし、日曜ですとご覧のとおりです・・・空きがない。

泉質的にイマイチですし、浴場構成も単純。
なので、入浴料600円は後から考えると妥当ってとこか。
ただ、仮眠室の存在は貴重。
貧乏長期旅をされている方でしたら、
ここの施設でゆっくり休むって手が取れます。
(但し、土日は混雑感がすごいので無理でしょうね)

住所:新潟県十日町市本町6丁目
電話:025-752-0117
営業時間:10:00~22:00 (最終受付 21:30)
定休日:8月と12月を除き、毎週水曜
入浴料:大人600円(17:00以降は500円)、小人300円
シルバー(70歳以上):500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。