夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

2018年5月17日(木)3日目その5

バックパッカーが集う宿にチェックインしました。

2018年5月17日(木)3日目その4 ようやくタイらしい飯にありつけました。 お腹も満たしたところで、まずは絶対にやっ...

冷房つけていると、ホント外に出たくない気持ちが満々。
元々暑さに弱い私が、バンコクなんかに来たのが間違いやったかと思う。

しかしずっと部屋に籠っているのももったいないよね。
夜は飯食いにがてら、どっかに行こうかと。

元々の予定は、Wディストリクトにビアガーデンみたいなのがあって、そこで呑もうかと思ってました。
しかし、この暑さで外で呑むって私には拷問です。
昼と同じように、フードコートに行くことに決定。

またMRTに乗って、アソークに向かうことにしました。

夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

ここの駅に直結して、「ターミナル21」という商業ビルがあるんですよね。
ここのフードコートがすっごく評判ええんですよ。

スポンサードリンク

その前にすぐ近くで寄り道。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

怪しいピンクのネオン街ですが、アソーク近くにある「ソイカウボーイ」です。
バンコクの夜遊びと言えば、「ゴーゴーバー」が有名。

この通り沿いにこういうネオンの店が並んでおります。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

店先では白人がビール飲んでる姿が。
システムとしては、中では女の子が水着姿で踊ってます。
まあその後に関しては、ご自分で調べてみてくださいませ。

ただね、その女の子達が踊ってるの見てるだけですと、ドリンク代だけで済むんですよね。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

ビールでも150バーツ(500円以内)くらい。
写真は日本人に大人気の「バカラ」ってお店。
呑むだけでも入ってみようかと思ったけど、私、こういう風俗系って大の苦手なんですよ。
「ハッピーアワー、ドリンク100バーツでいいよ、見ていくだけ入ってって」って日本語でも誘われたが、やっぱ怖いんよな~
風俗の女の子ってのも苦手やし・・・
ってわけで、潜入体験談は誰か他の方のでも見てくださいまし。

しかし、喉渇いた。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

セブンイレブンに立ち寄ります。
あ、タイでは、酒類の販売は制限されております。
11時~14時、そして17時~24時以外の時間帯では一切売ってくれません。
ホント日本って、アルコール呑むのに寛大過ぎる国よなって思います。
アメリカでも子供連れて入るようなファミレスではアルコール呑めませんもん。

LEOのロング缶とシンハーのレギュラ缶買っちゃった。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

ひとまず喉を潤しますか。

ロング缶を一気に空ける。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

目の前で黒猫が旨そうやなって目で見てましたけどね。
シンハーはフードコートに持ち込むことにします。

ではターミナル21に戻りましょう。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

ここの5Fに「ピア21」というフードコートがあります。
時間も19時過ぎ、だいぶ賑わってますね。
ここのフードコートも、昼に行ったアマリンプラザのフードコートと同じく、事前カードクーポン購入式です。
ひとまず200バーツ払って、カードを受け取ります。

どの店がええかよーわからんから、人が群がってる率で判断する。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

一番奥に位置している、ここ「Krua Thai Cuisine」が人気でした。
うん、ここにしよう。

いただいたのが、まずこんな炒め料理。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

英語名では、「Stir Fried Noodle With Pork」って書いていました。
お値段はなんと、たったの28バーツ!日本円で100円程度ですね。
幅広の米麺を豚肉と玉子とで炒めたような料理です。
これが激うま!!
ちょっと辛めのタレをかけていただくと、単純ながらも深みを感じます。
この店、人気なのもよく分かるわ。

なので同じ店でも、ライス系も食ってみよう。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

ライス系と麺系とで店が分かれているんですよ。
「Fried Rice With Chiken」、いわゆるチャーハンですね。
お値段は35バーツ(約125円)でした。
このチャーハンも、やっぱこの店めちゃめちゃ旨い。
このピア21フードコートの一番奥に位置しているこのお店、お勧めできますね。

2品食べて、250円いかないなんて、日本では信じられない値段設定。
タイめしの味付けも自身の好みやし、こりゃハマってしまうわ。

フードコートを出ると・・・
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

日本でもお馴染みの店ですね、ケンタッキー。
この一番上のセット、安くないですか?
タイ語わからんけど、オリジナル?7ピース、チキンナゲットみたいなの3つ、骨付きドラムの辛そうなの2つ、計7つ入りで139バーツでしょ?
500円くらいやもんな~
ただ下の単品みると、オリジナルはかなり小さいですね。
ただ7つで32バーツは安すぎると思う。

こっちは丸亀製麺か。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

タイらしい、日本にはないメニューがありますね。
焼きうどんキーマオ、オム焼きうどんや、ツナサラダうどんなんてのもあります。
で日本でもある「ざるうどん」で79バーツ。
だいたい日本で食べるんと同じくらいの値段設定ですね。

飯も食ったし帰るとしますか、夜遊びはいたしません。
夜の歓楽街「ソイカウボーイ」へ・・・そしてターミナル21のフードコートはとてつもない!

宿の前の通りも屋台のようにいろんな食い物が売られています。
魚の揚げたのなんて旨そうやってんけど、ホテルの部屋では飲食禁止になってたので買うのやめときます。
1階でのラウンジでなんて、色んな国の皆さんとは決して打ち解けられないコミュ障です・・・

暑さでヘトヘト・・・共同シャワーを浴びて、クーラーガンガンに効かせて眠るといたします。おやすみなさいzzz

翌日行動は、明日お昼12時記事へ続かせます。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。